存在しません

借金女の行末

私はこれで借金をした「特別」〜こんな大人になるなよ〜 編

人間の失敗はどんどん世に出して、二度と同じ過ちを繰り返さないようにすることだと思った存在しません@チャレンジの年★☆☆☆☆fiction_dare)です。 

 

最終回です

借金したのに、明るいな!!!!と、思ったけど、明るくしないとやってられねぇ、の最終回です。

 

ここまで、先週は反省の意を込めて、amebaTVでメトロック2022の生中継を見ながら引きこもって書いてきました。そして一気に書くと、ちゃんと考えられないので、加筆修正を重ねて、毎日更新してきました。これで最後の借金にするぞという、決意がこのシリーズには込められています。。

 

 

 

第一弾は「エステ」編を書きました。

www.fiction-dare.tokyo

 

第二弾は「歯(セラミック)」編を書きました。

www.fiction-dare.tokyo

 

第三弾は「脱毛」編を書きました。

www.fiction-dare.tokyo

 

 

 

 

 

最後は、「特別編」要するに上記以外のその他のことで借金をしたことを書いてみました。

 

 

 

 

借金に手を出した理由

最後の尋問だよー

 

ねぇ、リボって何?

よくわかんない。

 

こんな会話をしたことをよく覚えている。

暑い夏の日のリビング。

 

家族に相談されたのが始まり。

「支払いが足りない」

高校卒業してすぐ、私がバイトを掛け持ちして、妹を塾に行かせていた。

 

私にも余裕は全くなかった。

 

親友と、サイゼに行ったり、地元のゲーセンでプリを撮ったり。親友二人にはすごく恵まれていたから、バカにないで仲良くしていてくれていた。

散財するとするとしたらそれくらいだった。

 

 

ここで、もっと頑張れればよかった。

今思い返せば。

 

 

リボ払いってさ、何なの?

 

返済スピードが伸びるなら、

やれば良いじゃん。

 

 

 

そう、これが地獄の始まりでした。

 

 

 

 

 

リボ地獄の始まり

キャッシングもどんどんし始めた

 

高金利の消費者金融にも駆け込んだ。

長女魂、何とかするしかないと。

 

でも、コロナ前は何とかやってのけちゃって。

それが2年くらいかな。。

 

その何とか上手いことやってけてないのに、やってけているような感覚で、歯車操業。漕いでも漕いでも少しずつしか進まない自転車みたいな。

 

 

 

そこから謎に、始まった。

元から根の底にはあったからね。

 

    〜見栄っ張りの病〜

 

エゴサで、

@fiction_dare 見栄っ張り

で検索すると地獄だった。

 

今はよくここまで直ったなと思う。

 

身の丈にあった暮らしを自分の家で(一人暮らし)でやりたいという気持ちで今はいっぱい。

 

 

 

 

 

そんな借金地獄も残りあと「75万円」で終わる・・

返しても返しても返済!返済!!!

コロナ禍、地獄だった。

思い出すとここまできたのも泣きそう。

 

正直、世帯での借金はまだこんなもんじゃないと思う。

でも、自分の借金を完済してからがスタートだと思ったから。

 

 

www.fiction-dare.tokyo

 

計画を立てたんだ。

頑張りたい。

 

できることを模索して、行動してみる。

失敗したら見直す。

それでいいよね。

失敗を恐れすぎ。

 

 

 

 

 

私はこれで借金をした「特別」編【まとめ】

 

まだまだ人生落ち着かない。

 

 

家族は好きなんだけど、頼れない。

自分がしっかりするしかない。

www.fiction-dare.tokyo

 

このタイミングで自分の過去を見つめ直せてよかった。

絶対に返済して、身の丈のあった暮らしを丁寧にしたい。

 

目の前の課題に真摯に取り組み続けたい。頑張ろうな。

 

頑張ろうな、の後には具体的に何を頑張るのか、言える癖がつくといいな。

 

仕事はほどほどに副業をやる。支出ばかりじゃなくて、ちゃんと回収しなきゃだよ。

よろしくね。

 

 

www.fiction-dare.tokyo