存在しません

借金女の行末

死と事故と金

存在しません (@fiction_dare)です。

 

本日は、身内の葬儀に参列してきました。

4年前に、参列した時とは違い、なんだか色々と“死”について、そして、“金”の大切さにも考えさせられたので、記しておこうと思うと思う。これは借金についても関連性があるから、ここに書くことにした。

 

数日前、近しい身内が亡くなった。

幼少期からの思い出もあって、大好きな人。

 

もう10年以上前から認知症になってしまって、老人ホームにいてからは、私のことも覚えてないしで、危篤状態の連絡がきた時も、驚くだけで、少しだけセンチメンタルになるくらいかなとか思った。

 

でも、危篤状態から、心肺停止の連絡がきて、すぐさま病院に行った。寝ているように死んでいるのを見て、実感がまったくわかず。

 

白い布が遺体となった顔にかけられて、涙が自然に出た。

この世からいなくなったんだと、視覚で感じ取ったんだろう。

 

葬儀関連の方々がきて、遺体を運び出し、典礼へ。

悲しむ暇もなく、火葬やら葬儀の、いわゆる金の話。

 

お金を残してある方だったで、揉め事など起きずに淡々と決まっていく。

 

今、人が死んだのに。

現実はなんて残酷なんだろうな、と。

どうしようもないことを考えてしまう、幼稚な頭。

残酷という表現は悪いな、なんか機械的だなって思ったんだよ。

 

ボー然とする中、日取りまで決まり、当日の今日。

土曜日の葬儀場はやや混雑していて、火葬場から叫び声が。

その声を聞いて、胸が苦しくなる。

 

ご時世柄もあり、人数は少なめ。

みんな悲しんでいるところを見せないけど、近しい家族は悲しいだろう。

私も近しい家族ではあるんだけど、もう病院で悲しんだのもあって、長女のしっかりしなきゃ精神が出ていて、悲しめず。

 

・・けど、私より近しい家族の声かけにより、涙が出た。保存された顔は、なんて冷たいんだろう。病院に駆けつけたときはまだ温かったのに。その温度差が悲しかった。

火葬される時も。姿形がなくなるのは、なんて悲しいことなんだろう。

 

でも、そこで思ったんだよ。

これ、お金なかったら、こんな気持ち、起きたのだろうか。

悲しい、という感情が。

起こせたのだろうかと。

 

正直、葬儀って、故人を送り出す儀式で。

遺族も、送り出すことで、引きずらずにいられると思う。

 

でも、葬儀をするお金がなかったら。

どうなってたんだろう。

 

みんな談笑したりする“余裕”とかあったかな?

不謹慎にも、そんなことをふと考えてしまっていた。

 

 

そして、この日の夜。

愛犬が事故にあった。

 

幸い、命に別状はなく、傷だらけの、いわゆる軽症。

 

私はその現場に立ちあせたわけではなく、父の不注意による事故だったようだった。

 

いつもの病院は閉まっていて、救急病院へ行くしかない。

でも、頭を過ぎる。金はあるのか?

救急は金が高い。

これくらいなら、明日でも大丈夫じゃないのか?

 

愛犬を愛しているのに、頭の片隅にお金のことばかりを考えている自分に反吐が出る。

 

ネットで調べて、薬局行って、止血して、手当てして、明日の朝病院へ行くことになった。幸いにも、いつもの病院の先生と連絡が取れて、頭をぶつけていないのなら、明日の朝でもいいと言ってくれた。ホッとした。救急の病院の診療代はとてつもなく高いから。

 

お金、お金、お金。

お金は、本当に強い。

 

どんな時もお金だ。

 

私は愛犬を飼う前、お金が大してないのに、稼げるという自信しかなくて、飼った。お迎えする時、私に変わっても、私のことよりもこの子を優先すると誓って迎え入れたのに、雑念が、自分の愛情を確かめられたようで、苦しすぎた。

 

 

ここ最近、父の悪口ばかりTwitterで呟いている。

人として冷たいところがあるところ、その血は私にも流れているんだと、こういう時に悲しきも気づいてしまうのが苦しい。

 

 

早くお金、だ。

でも、自分のプライドもある。

銭ゲバにも、倫理がある。

 

人としての尊厳を守り抜きながら、周りを大切にすることは難しいのだろうか。

 

死と、事故と、重なったこの偶然の負に、すごく考えさせられた夜だった。