存在しません

借金女の行末

存在しない人の自己紹介

存在しません (@fiction_dare)です。

 

f:id:fictiondare:20210126231852p:plain

 

コロナ渦真っ只中の時の自己紹介から、はや半年強が過ぎました。

note.com

 

この時よりは、かなり状況がよくなったのと、もっと具体的に書いてみようと思いまして、過去の精算をするとともに今とこれからを語ろうと思います。

 

 

 

 

 

 

簡単なプロフィール

存在しません (@fiction_dare)

年齢: アラサー

未婚:独身、彼氏なし

職業:会社員

手取り:18万

副業:2万前後

実家暮らしで

元フリーランス。

20歳のときにフリーランスになり、愛犬をお迎えしました。

私が飢え死にしても、この子だけは幸せにする。愛犬がいたから頑張れた節々があるから、お金はなくても愛犬を飼ってよかったと心から思う。

 

現在25歳の今の話

ちょっくら現在の話をしましょう。

去年の2020年。

転職活動をし、フリーランスから会社員になりました。

 

正直、仕事はコントロールが効かない人を扱う仕事だから、大変ではある。

しかし、圧倒的にフリーランスの時と違うのは、仕事を必死に探さなくてもあるということ。仕事があって、ある程度こなして、ケツ持ちは上がやってくれて、土日祝日休んでもお給料が貰えるのって、すごくすごく楽なことだと思ってしまった。(フリーランスの時は、生きるか死ぬかレベルの仕事への緊張感があった)

 

最初に就職した時のアパレル会社が酷かったから(私も若くて考えが甘かったのも大きいのだけど)逃げるように、自分で稼いでやる!とかイキって、後悔も借金も多いのだけど、この落差を感じられて良かったなと私は個人的に思っています。結果オーライにしたいだけかもやけど。

 

 

 

 

 

フリーランス時代の話

まぁフリーランスと言っても、陰で実はバイトをしながらのフリーランスだったので、偽物フリーランスです。そして、25歳までにバイトを辞められなかったら、就活しようと決めていました。(本当は18歳19歳で契約社員で、20歳からフリーランスになり、23歳までに成功者になれなかったら就職する……!とか言ってて、どんどん期間を伸ばしてしまっていた)

 

高卒でアパレルをずっとやっていたので、それしかできず。期間限定の販売員をしたりなどをしながら、人脈がない癖にイキリ(クラウドソーシング上)で仕事をもらっては揉めたりなどを繰り返していた。

まじで何してんだよ。

 

そんなことをして、ずっと仕事をもらえるわけもなく、コロナの影響で仕事は一切合切なくなった。当たり前の結果だなと思う。

 

 

19歳・20歳・21歳・22歳を捨てた病

アパレル時代の19歳。

自律神経失調症、不安障害に。

 

19歳の春。

高校卒業して割とすぐに症状が酷く。

電車にも乗れないし、人と食事にも行けなくなる。

 

高校の時から定期的に症状は出てたんだけど、意味もわからず、学校は休めばいいからって休んだり、バイトは胃薬などでなんとかしたり・・やっぱり休んだりした日もあったので、“社会人”になれる訳がなかったんだよな。

 

まさに私は普通を捨てた。

もう一般的な人間、バリキャリなんかには到底なれないんだなと。

心の底から絶望した。

けど、生きていく以上は自分に諦めなくはなかった。

 

20歳。

しっかりしなきゃと、パソコン1台で生きることを決意。

フリーランス(個人事業主)という職業があると知り、ひたすら稼ぐことを調べる日々。お金が動くのを見るのが好きだからとても楽しく勉強できたし、ブログで稼げる世界を知ったから今もずっとそのブログは続けている。

 

21歳。

そろそろ焦る。

将来どうするの?

ブログを毎日触り続ける毎日。

 

22歳。

週2日バイトを始め、バイトに行くことで達成感。

現実逃避。

目的が完全にズレ始めた。

 

23歳ではもう、就職しなきゃとなるが、面接落ちて、やっぱり私に会社員は無理だべ・・と逃げ腐ってたりなどをしていた。しかし、かなり体調もメンタルも強くなってきたのがこの頃から。

 

このままじゃ嫌だ!!どうしたら体調良くなるのかな?と実験を繰り返し、バンジーのような体験があれば、体験に借金してでも金を出した。借金は21歳から生活費を作り出すためにし始め、いつの間にかリボにしてました。

 

ああああああああああああああああああああ!!!!

本当に、思い出すと、この若い時間を無駄にしまくって、家で過ごしていたことに後悔しかない。

 

ただ、今、憧れていた“普通”に溶け込めていることに感謝をしなくては行けないなと同時に思う。一生、会社員になったり、大人の遊びをすることなんてできないと思ってたから。そう思うと泣いてしまうほどに嬉しい。

 

 

仕事や彼氏を作るための最大限の見栄

正直、借金をしたことに後悔はしていない。

 

が、何も

300万も借金しなくても、と。

うん。

借金をここまでしなくてもよかったんじゃないかなと冷静に考えると思う。

 

今も、気になる人と会う時はタグも見ずにカードで服を買ったりしてしまう時がある。でも、その見栄は本当に必要だったのか?と。もっと考えた方がいいぞ?と思うものはたくさんある。

そのリストはまた別記事で紹介させてください。

 

だけど、それでチャンスが降ってきたり、「買って良かったな」「やって良かったな」と思うこともたくさんあるので、一概に言えない。

 

 

 

 

 

アラサーのこれからの目標

「雇われるの向いてない」

そう思って、23歳の就職活動はすぐに終わった。

 

今は“個人事業主だった”とのことと、見栄で固めた姿と喋りで、立ち上げてまだ指折りくらいのドベンチャーの企業に属しました。上がすぐに辞めたもので、マネジメント経験0でマネジメントをしたりなどをしているもので、日々問題だらけなのだが、私はここで管理職をするまで頑張ろうと思っています。

 

このブログは26歳で終ろうと思っているわけなのですが。

残りの借金、※168万円を返し終わること。

(※2021年1月27日)

 

そして、会社の売り上げも上げて、給料も上げて、年収500万を目指す。(現在300万)あと2年で、副業年間100万を目指す。

 

です!!!

 

以上。

 

早く素敵な彼氏が欲しくて恋愛も奮闘しているので、そこも併せて書いていきたいと思う。